CHECK

医薬部外品oemメーカーの選び方のポイントを解説

医薬部外品oemメーカーの選び方のポイントを解説

医薬部外品は販売するだけでも専門的な知識が必要とされますが、医薬部外品oemを依頼するメーカー選びはより慎重に行うことが大切です。契約後に後悔しないためにも医薬部外品の実績・汎用処方の種類・コストやロット数、これら3つの選び方で行うことをおすすめします。医薬部外品の製造販売は、化粧品以上に注意が必要になるので好条件を提示するメーカーでも製造の実績がないところは避けた方が良いです。このような製品を製造するためには医薬部外品製造業許可が必須で、このような許可を持つ会社は医薬部外品として承認される汎用処方を持ちます。このことから、医薬部外品oemではメーカーが持つ汎用処方を基にして製品を製造します。化粧品と比較すると厳しい制約がある関係から単価も高くなりがち、目安としては化粧品の1.2~1.5倍の費用が必要になるといわれています。最小ロットの数の重要性も高くなりますので、コストやロット数などの選び方も重要であることが分かるのではないでしょうか。

医薬部外品oemを利用するならメーカーの実績を調べておこう

医薬部外品oemとは、ブランド側が依頼したコンセプトをしっかりと取り入れ、経験や知識が豊富な専門分野の方たちが丁寧に製造してくれる委託製造のことを意味しています。 また、一般的に広く知られているのは化粧品oemの方になりますが、取扱いには注意が必要な医薬部外品に関してもoemの普及がどんどん増加している傾向にあるので、自社ブランドを安全に製造して販売していきたいと希望しているならぜひ医薬部外品oemを利用してみることをおすすめします。 ただし、医薬部外品oemを行っているメーカーならどこに依頼しても問題ないというわけではないので注意するようにしてください。 そもそも医薬部外品の取り扱いについては厚生労働省の許可が必要になってくるので、パッケージにしっかりと表記してくれること、これまでに数々の医薬部外品商品を取り扱ってきた高い実績を持っていることが非常に大切になってくることは言うまでもありません。

医薬部外品oemの詳細に関する情報サイト
医薬部外品のOEM

このサイトは、前もって知っておくべきOEMの選び方や開発費用に関して医薬部外品をOEMを利用して販売するときの基礎知識を解説しています。自社に開発力がない場合でも医薬部外品oemを利用することで製品化ができる、しかも開発にかかるコストを大幅に削減できるメリットもあります。ここでは、メーカー選びのポイントをわかりやすく解説していますので参考にされると良いのではないでしょうか。なお、製造や販売においては許可が必要になることも知っておかけなければなりません。

Search