CHECK

医薬部外品製造業の許可を取得している医薬部外品oemメーカーの中から選ぶ

医薬部外品製造業の許可を取得している医薬部外品oemメーカーの中から選ぶ

新規成分や特許成分などを利用して医薬部外品oemメーカーに開発を依頼する場合、試作を重ねながら開発することや治験などのデータも必要になる、このような理由から高額な費用になりがちです。また、医薬部外品は厚生労働省に対して製造および販売、2つの許可を取得しておかないと消費者に提供ができないのですが、これは医薬部外品oemメーカーを使う場合でも同じです。日本の中で医薬部外品の分類になる商品を売るときは、化粧品と尾内軸医薬部外品製造販売業の許可、さらに海外の商品を輸入して日本国内で売る場合は医薬部外品製造販売業と医薬部外品製造業、2つの許可が必須です。なお、医薬部外品oemメーカーを選ぶときには既に医薬部外品製造業の許可を取得している会社を選ぶことが基本です。その理由は、このような許可を取得している会社は医薬部外品として承認が済んでいる汎用処方を持っている点です。汎用処方を元に商品を製造できるためコストや短納期で商品化が実現します。

医薬部外品oemはコストやロット数で選ぶのが基本

医薬部外品は、化粧品とは異なり厳しい制約がある関係から製造単価も高くなりがちです。医薬部外品oemを利用すれば自社開発するよりも、短期間で商品化が実現すると同時に開発コストも大幅に削減できる、このような理由から医薬部外品oemメーカーを利用する企業も少なくありません。ちなみに、製品単価は化粧品と比べると1.2倍から1.5倍の費用が掛かるといわれていますので、これだけを考えても単価が高くなることが分かるのではないでしょうか。ここで重要なことは最小ロット数の重要性で、1度の発注で大量に注文すれば単価を抑えることができるイメージがあるかと思われますが、在庫に関するリスクも避けて通ることができない課題です。大量に製造して欲しいときは期日までに全ての商品が揃うといった条件もクリアーしなければなりません。医薬部外品oemは、いろいろなメーカーがサービス提供していますが、ロット数などは選ぶときに必ずチェックしておくべきポイントです。

医薬部外品oemの詳細に関する情報サイト
医薬部外品のOEM

このサイトは、前もって知っておくべきOEMの選び方や開発費用に関して医薬部外品をOEMを利用して販売するときの基礎知識を解説しています。自社に開発力がない場合でも医薬部外品oemを利用することで製品化ができる、しかも開発にかかるコストを大幅に削減できるメリットもあります。ここでは、メーカー選びのポイントをわかりやすく解説していますので参考にされると良いのではないでしょうか。なお、製造や販売においては許可が必要になることも知っておかけなければなりません。

Search